INDEX

みやこわすれのかたわらで ね

漂着地点B(Euclid)

Fine HIMEMIYA, 2015/11/03 14:40

コメント

匿名, 2015/11/04 01:00
打ち捨てられた神社の、半ば忘れられた神様。
厭世観が強く、生き急ぐ人々をシニカルに見つめる、そんな彼女と紡ぐ話。
たまにはまったりと時間を過ごしてみるのもいいかもしれない。
トークは日本の怪異や信仰に関わるものなど、神様らしいトーク多め。
話が進めばまた別の、今度はちょっとだけ俗っぽい感じの神様も出てきて賑やかに。
2, 2015/11/05 14:08

山奥に住んでるみたいだけど、テレビも見てるし現代知識も割と豊富。 将棋や囲碁みたいなゲームが得意と言いつつ、最終的に桃太郎電鉄を出してきた時はさすがに笑った。 神様らしい真面目なトークも良いけど、たまに聞ける俗っぽいトークも好き。

yusura, 2015/11/06 17:03

凛としていて超全的なところもあり、やっぱり神様なんだと感じさせられる。だからこそお茶目な一面がとてもかわいく感じる。

名無し, 2015/11/20 16:30

最近あちこちで狐の女の子はよく見るので、正直またかよ!と思ってました。 ですが、あくまで狐要素は一面にすぎず、人と神(妖怪?とかも)の複雑な関係がマジメに描かれています。 ちまたにあふれる狐とは一線を画す感じで、とりあえず、はい稲荷ですのじゃロリですといった感じではないのでそこを期待して導入すると畏れ多い気持ちになるかもしれません。でも基本はのんびりした雑談トーク。 好感度上がったら物語の背景が見えてきて、いちゃいちゃできるそうですが自分はまだそこまで行ってません。

的はずれな感想, 2016/05/13 09:40

まだ起動時間も短く相方も出ていない状態ですが。

正直に言って、みやこさんというキャラクターはあまり好きではありません。 どこか達観したような考え方などが苦手です。 ですが、裏を返せばそれだけこのキャラクターがよく作りこまれているということだと思います。

イベント進行の為に必要な時間が多いことなども、対人関係とは少しづつ仲良くなっていくのが自然であるという作者様の意向もあり単なるマスコットではなく一人(一柱?)の独立した存在としてユーザと接しているのも非常によく出来ていると思いました。

好感度によるイベント進行など、待たされる要素が苦手な人には向きませんが、少数と深く付き合うタイプの人や狐大好きウミウシ大好き神様大好き神社大好きな人にはオススメです。

コメントを入力. Wiki文法が有効です:
Z N L T Y X W Q
 
ghost/みやこわすれのかたわらで_ね.txt · 最終更新: 2015/11/03 14:41 by Fine Lagusaz
Driven by DokuWiki Recent changes RSS feed Valid CSS Valid XHTML 1.0